京都生活

女将のいっぴんはんどす。
よろしゅうおたの申します。

いっぴんはん便り

キーワード
価格
円~

秋の七草「フジバカマ」と
渡りの蝶「アサギマダラ」

秋分の日も過ぎ、食欲の秋を早くも満喫中のいっぴんはんどす。


さて、京都生活では、TOPページに毎月、その月のキャッチフレーズとともに季節の写真を掲載せいています。
4月は桜、5月は新緑、6月はアジサイ、7月は祇園祭、8月は五山の送り火。
これらの写真は、カメラ初心者のいっぴんはんが四苦八苦しながら撮ったり、いっぴんはんが周りの写真が上手な人(笑)に声掛けして譲ってもらったり...してます。


今月9月の写真は、フジバカマに乱舞するアサギマダラ。


フジバカマ(藤袴)は、「日本書紀」や「万葉集」にも詠まれている秋の七草なんですが、近年では河原や野辺から姿を消し、環境省の準絶滅危惧種に指定されてまして、KBS京都(京都放送)では「守ろう!藤袴プロジェクト」と銘打った取り組みを展開しとります。


一方、アサギマダラは、日本列島を縦断し台湾まで2,200㎞以上を移動することから「渡りの蝶」とも言われています。初秋にはフジマカマの蜜に誘われ乱舞する姿が見られ、写真愛好家の方々を中心に人気を集めてるんですよ。


このフジバカマとアサギマダラをあしらったオリジナルクリアファイルが、京都生活にいよいよ登場しました!
ippinhan_20160914-dbb3c3dfa8bbe8f587faf194bc0def3eaa2c6ec7.jpg

表面には咲き誇る藤袴をバックに羽の色が鮮やかなアサギマダラが、裏面には涼しげな波文様に可愛らしく舞うアサギマダラがあしらわれています。
アサギマダラ本来の色や形の美しさをより身近に感じて頂けるよう、自然の色を忠実に再現。また、中の書類が見えやすいよう透過性を高くするなど、デザインだけでなく使い勝手の良さにもこだわりました。


市販はされていないオリジナル商品。お得な5枚セットもありますので、ぜひこの機会にどうぞ!

2016年09月28日

秋の京都おすすめスポット

朝晩涼しくなりほっとする反面、夏が終わるのがちょっぴり寂しい、いっぴんはんどす。


夏が終わるのは寂しいけれど、秋ならではの楽しみもありますね。
春とともに秋は、特に多くの観光客の皆様が京都にお見えになります。
見どころいっぱいの京都。皆さんどこに行かはるんでしょう。


いっぴんはんのおすすめのひとつが「平安神宮」。
平安遷都1,100年を記念して明治28(1895)年に創建されました。
赤い鳥居や社殿があまりに有名ですが、社殿を取り囲む4つのお庭も必見です。
明治の造園家・小川治兵衛らの手による広大な池泉回遊式庭園はおよそ1万坪にも及び、春の紅しだれ桜、初夏の杜若・花菖蒲、秋の紅葉、冬の雪景色...と四季折々の美しさを満喫できるスポットです。

普段は有料なんですが、明日9月19日は、南神苑に「平安の苑」が開設された記念日として、神苑が無料公開されます。
祝日なんで混雑が予想されますが、素敵な場所なのでおすすめです。


美しいもの...と言えば、お家で堪能できるおしゃれでアートな京の逸品もどうぞ。
こちらを要チェック!芸術の秋にぴったりな素敵な商品がそろってますよ。

2016年09月18日

お月見にぴったりな京菓子

最近、夜の空気がだんだん澄んできて、月がきれいに見えますなぁ。
お月見にはおいしいお団子が欠かせない、いっぴんはんどす。
ippinhan_20160908-3e6efd95ea7ff5c3a5fba7ecd3878e9b653b688b.png


さて、あすは重陽の節句。
古代中国で縁起のいい「陽の数」とされてきた奇数のうち、最大数の9が重なっているということで、9月9日はおめでたい日とされてきたそうな。
邪気を祓い長寿を願う日で、京都市北区の上賀茂神社では、「烏相撲」という神事が営まれ、子どもたちが相撲を奉納します。
菊酒の接待もあるそうなので一度足を運ばれては。


長寿、と言えばスポーツにヘルシーフードですな。
京都生活では、スポーツの秋に欠かせないヘルシーフードをピックアップしております。
健康志向の方への贈り物としてぴったりな逸品どす。


また、いっぴんはんと同じく、お月見のお供においしいものが欠かせない...という方はこちらをチェック。お月見にぴったりな京菓子や雰囲気を盛り上げてくれるおしゃれな照明などを集めました♪

2016年09月08日

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
美味の間
おしゃれの間
お道具の間
老舗の間
べっぴんの間
暮らしの間
旬の間
エンタメの間
贈り物・手土産の間