京都生活

女将のいっぴんはんどす。
よろしゅうおたの申します。

いっぴんはんからの
お知らせ

2017.10.18
11/23(木)は「勤労感謝の日」です。日々仕事を頑張っているあの人への感謝の気持ちを込めた贈り物として、あるいはや自分へのご褒美として。京の逸品をどうぞ。
2017.10. 8
今年もやって来ました!お待ちかね、栗の季節が。【京都生活】では、「秋の味覚 栗スイーツ」として栗のグルメをたっぷりご紹介しています。品切れになることも多い人気商品ばかりなのでお早目のご注文をおススメします。
2017.9.28
「読書の秋」、個性的な京都の本は如何ですか?文字より映像を楽しみたいという方は、秋の夜長にぴったりなDVDも。
2017.9.18
スポーツの秋・ヘルシーフード」と題して、お麩やお豆腐、黒酢など、健康的に召し上がって頂ける逸品をご紹介。スポーツもいいけど、秋はやっぱり、しっぽりお月見を楽しみたい...という方は「お月見を京の逸品で楽しみたい」をどうぞ。
2017.8.18
機能的で美しい逸品のお道具の数々を「ずっとそばに置きたいお道具たち」としてご紹介。記念日やお祝いの贈り物としてもお薦めです。
キーワード
価格
円~

京都生活 > 京都生活店舗一覧

京都生活店舗一覧

酢・調味料

飯尾醸造

創業から変わらない製法で作られた「富士酢」は無農薬のおいしい米を惜しげなく贅沢に使用した「飯尾醸造」の看板商品。果実酢シリーズも人気です。
丹波牛

いづつ屋

創業約65年の丹波牛をメインにした牛肉専門店。豊かな自然に抱かれた自社牧場にて丹念に育てた丹波牛はまさに絶品の美味です。
宇治茶・抹茶スイーツ

今村芳翠園本舗

創業以来、緑茶一筋。精選したお茶はもちろん、趣向を凝らした抹茶スイーツも発信しています。
そば

有喜屋

京都の手打そばの草分けとして知られる名店「有喜屋」の味を、ぜひご家庭でもご堪能ください。
味噌・醤油

小野甚味噌醤油醸造

厳選した良質の原材料が持つ本来のうまみを充分に生かすため、製品にはあまり加工をしないという、こだわりの製法を守り続けています。
和菓子

京菓子匠 鎰良光

親子代々80年近く暖簾を守り続ける和菓子店。中でも「きび餅」はまろやかな口あたりが楽しめると人気です。
和菓子

京菓子司 鎰隆三

看板商品は「そばつくね」や「京こまん」。「京の薩摩屋敷跡」など、鹿児島出身のご主人ならではのアイデアが光る逸品も。
京昆布・佃煮

京昆布匠かじの

昆布や佃煮を販売している老舗。京都らしい「はんなり」とした味を研鑽し続けています。
干物

カネマス(谷口商店)

カネマスの一刻干し(一夜干し)は、限りなく生に近い極薄塩味。ご飯の供に、酒の肴に。丹後の自然の幸をご堪能ください。
洋菓子

Bio Sweet's capocapo 菓歩菓歩

自然に恵まれた丹波・和知町にある洋菓子店。地元産の野菜・果物を使用するなど材料にこだわった、体に優しいお菓子が揃っています。
和菓子

かま八老舗

文化三年(1806年)創業。「西陣のどらやきやさん」と呼ばれ、地元の旦那衆に愛され続けたお店です。
和菓子

亀廣宗

下鴨で店を構えている和菓子店。代替わりした現在も、変わらぬ場所で、変わらぬこだわりの味と技を守り続けています。
和菓子

亀屋重久

江戸時代後期創業。妙心寺北門に店を構え、近隣の寺院の御用達をつとめながら、代々暖簾を守り続けてきた和菓子の老舗。
和菓子

京菓匠 甘春堂

古くから伝統菓子御用達を務めてきた京菓子の老舗。看板商品『茶寿器』はその昔、特別な祝宴のときにだけ作られたという逸品です。
総長カレー

京大生協カンフォーラ

京大を象徴する時計台の前にオープンしたカフェテラス。人気メニュー・第24代尾池総長プロデュースの「総長カレー」をレトルトカレーで再現。
冷凍たけのこ

京たけのこ おがわ(小川食品工業)

「京たけのこ」の産地、長岡京からお届けする「おがわ」のたけのこ製品。熟練の技を持つ生産者達が土の中から収穫した新鮮な「京都産たけのこ」をそのままボイルや佃煮など製品化し、年中愉しめる「春の味」を届けています。
天然水

京都嵯峨野旬水

京都、嵯峨野の北西に位置する愛宕山麓の水系からくみ上げた、天然水。京都嵯峨野旬水は万葉ロマンを育む古代より京都人に愛されてきました。
たけのこ

京の朝堀りたけのこ

軟らかさ、歯ざわり、甘みに特徴を持つ、「白子筍(しろこだけ)」に代表される京たけのこは、地元ならずとも全国的にも有名な京の逸品。
お酒

キンシ正宗

仕込み水は日本酒の醸造に使われていた「桃の井」名水。独自の芳香とコクにこだわり、上面発酵を採用。長年培ってきた酒造技術と職人たちの磨き抜かれた舌で研究を重ね、京の食を引き立てる上品な味わいに仕上げています。
京漬物

近為

千本五辻にある京漬物の老舗。自家栽培の京野菜で漬け込んだ創作漬物「柚こぼし」はまさに看板の味。
和菓子

栗菓子本舗 京都くりや

栗菓子の専門店。看板商品の「金の実」をはじめ「栗どら」など、栗好きにはたまらない品揃えです。
お酒

佐々木酒造

洛中唯一の酒蔵、「佐々木酒造」より聚楽第ゆかりの「金明水・銀明水」を仕込み水にした京都のお酒をお届けします。
和菓子

笹屋春信

こだわりの自家製「あん」を使った看板商品の「桂の月」はあっさりかつしっかりとした甘さのこしあんが特徴です。
和菓子

京菓子司 笹屋吉清

円通寺の古くからのごひいき。どの商品もあとに引かない控えめな甘さが魅力です。
醤油・調味料

澤井醤油本店

創業以来、こだわった高品質な醤油を一筋に醸造し、京の料理界に多大な貢献をしてきた名店です。
かまぼこ・海産加工品

嶋七

昔ながらの製法と素材にこだわり抜いた、かまぼこ・天ぷら(さつま揚げ)一筋の老舗です。
味噌・調味料

株式会社しま村

人気の「しま村の白味噌」は、塩分少な目で素材の旨みを殺さないあっさりとした甘みで、料亭でも使用されている逸品です。
京料理

下鴨茶寮

京都だけが持つ独自の文化や美しさを、お料理やおもてなしの心を通じて、世界中に発信していくことを信条に、変わるものと変わらないものを見極めながら、これからもお客様の、『心に残るひととき』を提供し続けていきます。
ちりめん山椒

京都下鴨ちりめん山椒・京佃煮 すぐり

注文を受けてからひとつずつ作りあげていく『ちりめん山椒』は、出来上がりを待つ愉しみと感動の味わいで、きっとご納得のいく逸品です。
洋菓子

修道院製クッキー タキノ

修道院のシスターによって作られるシンプルで優しい甘さの「修道院製クッキー」は、1度食べるとやみつきになること間違いなしです。
京懐石

京懐石美濃吉本店 竹茂楼

自慢の川魚料理をはじめ、四季の移り変わりの中で色さす料理の取り合わせの妙を、ご家庭でもお楽しみいただけます。
京漬物

京つけもの タケダ

京野菜を中心に選りすぐりの素材を、あくまで手作業にこだわり、昔ながらの製法で風味豊かな漬物してゆくのが、この店の身上です。
古代米麺

たべそ屋

“赤米”や“黒米”などの古代米を玄米のまま製粉して作った麺「たべそ」。古代ロマンのこだわりの味を是非ご賞味ください。
乳製品・洋菓子

丹後ジャージー牧場 ミルク工房そら

心をこめて育てたジャージー種からとれる極上の牛乳だけを使って作る品々は、もちろんどれも無添加。まさに「天然の味」です。
京漬物

千枚漬本家 大藤

京漬物の代表格・千枚漬を創りだした歴史のある名店。季節ごとに旬の食材を使った様々なお漬物を手づくりされています。
洋菓子

バウムクーヘンのチロリア

昔ながらの「直火」焼のオーブンで焼こだわりのバウムクーヘン。バウムクーヘンというお菓子の本当の美味しさを、ぜひご賞味ください。
豆腐

とようけ屋 山本

京豆腐一筋の看板を掲げ、地元をはじめ全国にたくさんのファンを持つ銘店。豆腐からスイーツまで豊富な品揃えでさまざまな味わいを楽しめます。
黒毛和牛・焼豚

中島本店

「黒毛和牛のたたき」や「黒毛和牛味噌漬」など黒毛和牛ひとすじの老舗。地元の名物となった「焼豚」も絶品です。
豆腐

京都南禅寺豆腐屋 服部(服部食品)

服部食品は、明治43年から続く老舗。平成6年には、南禅寺御用達豆腐の名も受けました。「温故知新」を体現している京都が誇るお豆腐屋さんです。
鯖寿司

花折

昔からの製法と一つ一つの食材にこだわりぬいた花折の「鯖寿司」はお祝い事やお正月の食卓にふさわしい「京の逸品」です。
酢・調味料

林孝太郎造酢

初代から受け継がれるポリシーのもと、厳選素材のみを使用。保存料や着色料は一切使わず、素材の味を大切にしています。
京麩・京ゆば

半兵衛麸

手鞠や季節の花・果物などをかたどった彩りの美しい細工麸や、中にこし餡を詰めた笹巻麸、生湯葉など、目にも楽しい様々な麸が揃っています。
洋菓子

バイカル

京都ならではのフランス菓子を提供し続けているお店。京都下鴨から出発したスイーツをお楽しみください。
ソース・調味料

ヒロタソース

「地元京都に根付いた京都らしいソースを作りたい。」と、孤軍奮闘して廣田徳七商店を設立。京風味ソースを踏襲しつつ、画期的な商品が開発され、話題を呼んでいます。これからまますます活躍が期待される京都発のソースブランドです。
チーズ・洋菓子

フロマージェリー・アルモニー

京都では珍しいこだわりのチーズ専門店。チーズを使ったスイーツも。私たちを多岐多彩なチーズの世界へと誘ってくれます。
宇治茶

舞妓の茶本舗

伝統と独自のスタイルが融合した、「本当に良いお茶を届けたい」という想いが一つ一つの商品に込められています。
ずわいがに

舞鶴魚市場(京都府漁業協同組合)

JF京都漁連が自信をもってオススメする『ずわいがに』と『丹後とり貝』。「舞鶴魚市場」からの海の幸をお楽しみください。
醤油・調味料

松野醤油

代々伝わる知恵と熟練された技で手作りされる昔づくりの本格の味わいを、どうぞ心ゆくまでご賞味ください。
焼き栗

松屋

良質の国産栗を使って直火で焼き上げる「焼き栗」は、素材のうまみが凝縮されたシンプルな甘さです。
和菓子

芳治軒

看板商品は「大石饅頭」。和三盆糖を使った皮の中に質のいい丹波のあずきを使ったこしあんがぎっしりと詰められた焼き菓子です。
和菓子

吉廼家

小さな可愛らしい「掌菓」が詰まっている「おとぎ草子」が全国各地にファンを持つ知る人ぞ知る人気のお店。
和菓子

菓匠 柳苑

「樂」という字が奇麗に型押しされた代表銘菓「楽石」と、同じ風味で型押しの違う「つくばい」が看板商品です。
宇治茶

柳桜園茶舗

知る人ぞ知る隠れた名店の人気商品。鳥獣戯画の特製缶の「かりがねほうじ茶」はお使いものにも普段使いにもおすすめの一品です。
そば茶製品

隆兵そば

京都市西京区の桂離宮のほど近く、閑静な住宅街の一角にたたずむ「隆兵そば」。敷地内に湧く良質な井戸水を使い、手打ちそばと川魚や野菜をコース料理仕立てにして提供しています。
京象嵌

アミタ本店

京象嵌の若手職人による、伝統とモダンを融合させた現代の暮らしにフィットするアイテムを発信しています。
和装・絞り染め

アンドウ株式会社

京都の絞り染めを行うことを生業として誕生。浴衣・風呂敷・下駄・絞り染めバッグなど、和装に関わる商品を展開。
金襴和雑貨

M-HERO

伝統の「西陣織金襴」を現代のライフスタイルに気軽に取り入れられるようにアレンジされた「粋」な商品が並びます。
京友禅

岡重

手描き・手染めの彩色技法である「京友禅」の美。伝統を踏まえながらも、新たな図案と彩色を施したオリジナル商品の開発を積極的に行っています。
和布の和雑貨

京都おはりばこ

和布から生み出されるオリジナルデザインの小物は、毎日の暮らしに和のアクセントを加えることができます。
金属工芸

かざりや鐐

受け継がれた技術で制作された銀製品を、若い人でも作品を気軽に買えるようにと始めたアンテナショップ。
京鹿の子絞り

片山文三郎商店

「京鹿の子絞り」の伝統を現在のデザインと融合させて今に伝える老舗。どこか懐かしくて新しいスタイルを感じとることができます。
京象嵌

川人象嵌

鉄素地に打ち込まれた金銀が繊細で華麗な模様を生み出す「象嵌」。新しい感性で象嵌の可能性を広げています。
プリーツ加工

三協(YS企画)

初代社長がサイドプリーツ加工専用機を開発。現在はプリーツの楽しさを体感できるオリジナルグッズも展開。
シルク織物

SANJIKU 京くみひも(近江屋)

京都に1000年以上前に誕生したといわれる「京くみひも」。糸を交互に交差させて組みながら紐に仕上げていくというもので、寺社の装飾や天皇家などの装身具に使われていました。 40年程前、日本の組紐と同じく組んで織りあげるイタリアのトーションレースを織る機械を見た、ある帯職人が、この機械をヒントに「組み織りの技術を応用して帯を作りたい」と思いました。その時できた織機で帯を作り始めたのが、三軸組織(さんじくくみおり=SANJIKU)のはじまりです。
美術工芸

山清堂((株)パラゴン)

彫金の心得のある店主が、遊び心と凝ったデザインは妥協を許さず、一品一品の思考をこらしたイメージとこだわりを約束してくれます。
京鹿の子絞り

絞裏庵

約1400年の歴史を持つ「京鹿の子絞り」。工芸家の富山英樹が手がけた作品は、大人が持つにふさわしい洗練されたアイテムです。
足袋・和雑貨

SOU・SOU

和柄をモチーフにカラフルな色合いのテキスタイルを用い、伝統を感じられる商品を製作。かわいさだけでなくその機能性に驚きます。
手描き友禅

染のあらたに

手描友禅の技法のひとつ「濡れ描き友禅」を駆使した彩り豊かなTシャツや小物は全て一枚一枚「手」で描かれたもの。
寝具

大東寝具工業

羽毛布団はもちろん、クッション座椅子やガーゼ製品など、快眠とくつろぎを創造した幅広い種類の商品を発信。
京友禅

千總(SOHYA TAS)

創業1555年。450余年の歴史を持つ京友禅の老舗。SOHYA TASは千總の京友禅のデザインを活かしたストールや雑貨を発信しています。
スカーフ

Ballett

京都市山科区に事業所を構えるマルナカ商事は、1984(昭和59)年の創業以来、 傘やアウター用の生地を中心に国内でのモノづくり、新商品の開発に取り組んでいます。
黒染

京の黒染屋 柊屋新七(馬場染工業)

家紋をあしらったオリジナル商品を発信。紋と黒にこだわった商品は、京銀紋染加工を施した家紋の存在感が引き立ちます。
藍染め

本藍染雅織工房

京に興った日本最古の染色「藍」。日本古来の藍染を伝承し、ストールなど様々な商品を生み出しています。
風呂敷

宮井

明治34年に袱紗問屋として創業。唐草模様をポップにアレンジした風呂敷や刺し子のハンカチなどが販売されています。
引染

meib(隄染工業)

京友禅を支える引染(ひきぞめ)を用いて和装以外にも使用できるオリジナル商品を考案、独特のグラデーションが粋な逸品です。
和雑貨

MON

「家紋」をモチーフにモダンに、時に格調高く生かしたデザインを提案し、京都の職人の技で仕上げた「家紋雑貨MON」を発信しています。
和紙・和紙製品

和紙来歩

昔ながらの手漉き和紙のぬくもりと和の風情を、多くのお客様へ、もっと身近に感じていただきたいという思いで様々な商品を開発展開しています。
和装小物

紐の渡敬

帯締めは伊賀、江戸、京組紐の伝統工芸技術を活かした商品、帯揚げは丹後縮緬を主として色出し、柄からこだわり、オリジナルの商品を製作しています。
京織物

渡文

伝統を今に伝える創業百年を越える帯の老舗。20年前から帯創りで培った技術と感性を活かして和洋雑貨の展開も行われています。
化粧品・入浴剤

きぬもよふ(丹後織物工業組合)

丹後ちりめんの普及・商品開発などの活動を行う丹後織物工業組合が、絹ならではの心地よい肌触りを実感できる化粧品を開発しました。
油・調味料

山中油店

創業200年を越える全国でも珍しい油の専門店です。こだわり抜いた国内産原料を元に作る油は絶品です。
和装・絞り染め

アンドウ株式会社

京都の絞り染めを行うことを生業として誕生。浴衣・風呂敷・下駄・絞り染めバッグなど、和装に関わる商品を展開。
和装小物

伊と幸

日本の絹の白生地メーカーとして、素材の厳選から仕上げに至るまで一貫した品質管理のもと作り出した品のみを取り扱ってきました。
調理器具

鍛金工房 WESTSIDE33

プロの料理人に選ばれる調理器具をはじめ、食卓を豊かに演出するテーブルウェアやインテリアグッズも充実。
文具

裏具

嬉(うら)ぐ、という言葉が店名の由来。嬉しい気持ちを伝える道具「『書く』の周りにあるもの」を提案するお店です。
京友禅

岡重

手描き・手染めの彩色技法である「京友禅」の美。伝統を踏まえながらも、新たな図案と彩色を施したオリジナル商品の開発を積極的に行っています。
京金網

金網つじ

起源が平安時代にまでさかのぼると云われる「京金網」。丈夫で本当の意味で使いやすい普段使いを考え商品を提案し続けています。
数珠

神戸珠数店

材質・房の形状・玉の数やサイズなど、宗派ごとにそれぞれ形式が異なる念珠を正確に作り出す技はもちろんのこと、「京焼・清水焼の京念珠」といった京都でしか作ることができない、オリジナル性も追求しています。
刃打物

菊一文字

卓越した技術をもとに料理用、工匠用、生花園芸用等の刃物の製作を行っており、地元京都人に愛されてきました。
カレー・洋菓子・お茶

京都ホテルオークラ

創業より120余年にわたり伝統とホスピタリティーを育んできた京都ホテルオークラ。京の美と気品にあふれたホテルより、厳選した素材の一品一品にまごころを込めてお届けします。
のれん・和小物

京都洛柿庵(ルシエール・ジャパン)

「天然素材の麻」「伝統的な染め」「和空間にとどまらず現代の様式にも対応したデザイン」にこだわり、暮らしにあう製品を提案。
和紙

黒谷和紙協同組合

伝統的な「手すき技術」を守り続け、今では数少ない純粋な手すき和紙の産地として、国内のみならず世界的にも名を広め、貴重な存在となっています。
京都の放送局

KBS京都

新しいことや斬新なアイデアを大切にしながら、『京都』を味わっていただくために、KBS京都がお届けするアイテムを是非ご活用ください。
京指物

京指物 興石

数寄屋建築を手がける中村外二工務店の独立した指物部門。興石の和の照明は和紙と木を組み合わせ、ささやくようにゆらめく柔らかな灯りです。
アロマ消臭剤

古都呼吸((有)アップル・ワイズ)

北山杉からの天然由来抽出物に天然アロマ油をあわせ京都で作られた「古都呼吸シリーズ」は、汗・タバコ・ペットからの悪臭に効果をあらわします。
うちわ

小丸屋 住井

伝統的な京丸うちわを作り続ける小丸屋住井。夕暮れのお出かけやお部屋のワンポイントに、京都の夏の風物詩はいかがでしょうか。
酒器

酒器 今宵堂

夫婦ふたりで創り出す、『酒器』や、徳利や盃、肴を盛るための小皿は、今までにないデザインと、どこか懐かしい感触とが融合する和みの器です。
お線香

京都三恵堂(サンケイデザイン)

経文の入ったお線香を焚き、少しでも仏の道を知ることで、より高い功徳を積めるようにと丹精込めて天経香一本一本に印しております。
和紙・文具

尚雅堂

和紙加工の技術を生かした新提案製品や、和文具や和雑貨などの製品を続々とリリース。新しい和紙製品を発信し続けています。
和雑貨

シルク印傳工房

印傳を繊維で再現したシルク印傳は、絹のやわらかさが特徴。飽きのこないデザインは暮らしの中の必需品になることでしょう。
陶器

京焼窯元 晋六窯

晋六窯は、現代表の祖父・辻晋六氏が1932(昭和7)年に京都市山科区に築窯したのが始まりで、現在は左京区岩倉で製造・販売に加え陶芸教室も開いています。
座布団・布団

洛中高岡屋

大正8年創業、洛中で職人の手作りにより京座布団を作る老舗。現代の生活にあわせた新しい座布団の提案も行っています。
木版画

竹中木版 竹笹堂

古い版木を新しい手法で、新しい図案を伝統的な手法でと、新旧の技術を集めた木版工房です。
京友禅

千總(SOHYA TAS)

創業1555年。450余年の歴史を持つ京友禅の老舗。SOHYA TASは千總の京友禅のデザインを活かしたストールや雑貨を発信しています。
京金網

辻和金網

京の料理人に愛される金網製品の店。ひとつひとつ職人の手で編まれる網目は芸術的ともいえる美しさです。
扇子

山岡 白竹堂

創業約300年を迎える今でも、職人による伝統的な技を受け継ぎながら、「センスのいい、贈り物」をキャッチフレーズに、時代のニーズに合った新たな発想の扇子を生み出し、国内外から人気を集めています。
京和傘

京和傘 日吉屋

京都で唯一工房を持つ和傘屋。和紙と竹で生み出される伝統美と、伝統に安住しない若い感性が生み出す新たな商品が魅力の老舗です。
京銘竹

三木竹材店

筒型タイプの竹箸は京都迎賓館にて国公賓をお迎えする京都府主催の晩餐会で使用されています。
書籍

光村推古書院

美術出版社・推古書院として設立されたのは昭和22年。以後、画集・図案集などの出版を手掛けつつ、近年は写真集や京都情報に関する書籍を発刊しています。
家具

宮崎家具

京指物の伝統を受け継ぎ、芸術の香りただよう家具の数々を生活の中に息づかせています。
竹細工

横山竹材店

茶道具、繊細な技術で編み上げた竹の花器や花かご、小物や照明器具などの暮らしを豊かにするものなど、様々なアイテムを提案し続けています。
文具

裏具

嬉(うら)ぐ、という言葉が店名の由来。嬉しい気持ちを伝える道具「『書く』の周りにあるもの」を提案するお店です。
お面

嵯峨面(藤原孚石)

嵯峨面は、嵯峨面は京都・嵯峨野の代表的な民芸品です。作者は二代目藤原孚石さん。本来は日本画家ですが、亡き父親の先代から受け継ぎました。
京こま

京こま匠 雀休

京こまは着物布や綿の紐を芯に巻き重ねて作る京都の伝統工芸です。受け継いできた「京こま」を今も職人がその手で一巻き一巻き作り続けています。
木版画

竹中木版 竹笹堂

古い版木を新しい手法で、新しい図案を伝統的な手法でと、新旧の技術を集めた木版工房です。
京からかみ

京からかみ 丸二

プロの職人技が光る製品はもちろん、気軽にオリジナルの「からかみ」を製作することが出来る「Karakami kit」などオリジナル商品を発信。
書籍

光村推古書院

美術出版社・推古書院として設立されたのは昭和22年。以後、画集・図案集などの出版を手掛けつつ、近年は写真集や京都情報に関する書籍を発刊しています。
お香

山田松香木店

江戸・寛政年間の薬種商が始まり。天然原料にこだわり、伝統的な香りの世界を守りながら、普段の生活に取り入れやすいアイテムも揃います。